このサイトではチャペルと教会の違いについての記載があります。
それぞれの施設で結婚式をするメリットにも言及されています。
両者の相違点は宗教的な意味の有無にあることも詳しく書かれています。
当サイトの生地を読めば、どちらが雰囲気が荘厳なのかもわかります。
さらに、どちらの挙式の方が儀式感が強いかも書かれており、挙式会場選びの参考にできます。
一生に一度の大切なイベントだからこそ、想い出に長く残る結婚式にしたいものです。

チャペルと教会の違い

チャペルと教会の違い キリスト教式の結婚式では、挙式会場として教会とチャペルがあります。
そこは信者が集まる場所で、礼拝や祈りが捧げられるところです。
この場所では結婚式をはじめ葬儀なども執り行われるのが一般的です。
聖堂や礼拝堂も教会に分類され、牧師や司祭が司式を執り行うことになります。
一方、チャペルの方はキリスト教式をモチーフにした挙式専用施設です。
当施設では教会と違い結婚式のみ執り行われ、葬儀などがなされることはありません。
勿論信者が集まることもなく、商業ベースで営まれるのが通例です。
チャペルによっては、外部から牧師を招いて挙式を行うことも少なくありません。
規模の大きな施設では、専用の牧師や司祭が常駐していることもあります。

実は知らなかった?チャペルと教会の違いとは

実は知らなかった?チャペルと教会の違いとは 結婚式には、さまざまな希望があるものです。
海外での挙式を夢見るカップルや、静かな教会での挙式を望むふたりもいるでしょう。
実はチャペルと教会は、違いがあるということをご存知でしょうか。
チャペルは日本・海外共通して「結婚式を挙げるための場所」なのです。
そのため、建物自体も新しいものが多くガラス張りの窓が大きかったり、美しいステンドグラスが飾られている場所がたくさんあります。
きれいな内装や外装、写真映えする見た目のものはチャペルであることがほとんどです。
海外では海が見える場所などに建てられ、ロマンチックな気分に浸ることが出来ます。
一方教会はというと、信者が礼拝を行うための建物ということになります。
海外の場合は、日曜にはキリスト教の礼拝が行われることが多く、基本的に結婚式を行うことは出来ません。
挙式の予定を入れておいても、突然のお葬式などがあればそちらが優先されますので、注意が必要です。
ですが歴史や重厚感があり神秘的な雰囲気が漂うのがこの場所の魅力でもあります。
周辺の地域の人々が通いやすいよう、町の中心にある場合も多くアクセスが良いというメリットもありますので、自分たちのスタイルと参加者の都合などを考え選ぶ必要があります。

おすすめの結婚式情報サイト

チャペル挙式は大阪で

新着情報

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 式」
に関連するツイート
Twitter