教会での挙式の方が儀式感が強い

教会での挙式の方が儀式感が強い チャペルや教会で結婚式を行う場合には、本人やゲストとして来場する人たちがどういった宗教的な趣きを感じるのかも考慮する必要があります。元々、チャペルはキリスト教信者が礼拝を行うための礼拝堂として作られた背景が存在します。ただ、簡易的な場所という認識もありますのでこういったところでは宗教的な趣きは若干薄れる傾向があります。
キリスト教的な雰囲気を残しながら挙式をしたいと考えている場合には、うってつけの空間です。反対に、教会はそのままキリスト教信者が利用する礼拝の場所です。熱心な信者が利用することになる神聖な場所ですので、チャペルと比較して儀式という趣が強くなります。当人たちがキリスト教徒であるのならば全く問題ありませんが、ゲストにそうではない人たちが存在する場合には、そういった儀式に付き合わせてしまう可能性も高くなります。そのため、結婚式場で迷っている場合にはこういった宗教的な考え方の違いを必ず考慮しておく必要があります。

挙式にかかる価格どのくらい?

挙式にかかる価格どのくらい? 現在、6割から7割近くの方がチャペル式(教会式)の結婚式を選んでいます。ウェディングドレスを着てみたかったとか、前からチャペル式に憧れていたなどの理由が多く、どちらかというと新郎よりも新婦の意見が反映されているようです。
気になる価格については式場によってかなり変わってきますのできちんと比較する必要がありますが、挙式に直接かかる費用の他に、写真やビデオ撮影の費用や衣装のレンタル費用、さらに引き出物や時には参列者の交通費や宿泊費が必要となることもあるでしょう。そして最も多くの費用が発生するのが披露宴ですが、一人につきいくらの食事を提供するかによって費用は変わります。オプションが増えるごとに費用が加算されていくので、予算を決めた上で見積もりを取っていくことが大切でしょう。なお、司式者に対しては式場から謝礼が出ているので、別途お礼を包む必要はありません。ただ個人で司式者を呼ぶ場合は直接支払うことになります。

新着情報

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 チャペル」
に関連するツイート
Twitter