教会のほうが雰囲気は荘厳

教会のほうが雰囲気は荘厳 結婚式を挙げるならやっぱりチャペルでという人が多いけど、何故そんなにチャペルが人気なのかを考えてみました。
まず考えられるのは、なんといっても雰囲気です。
結婚式は他にも神式や最近では珍しくなりましたが仏前などでも執り行われていますが、その中でも雰囲気という事では群を抜いています。
着物を着る機会も少なくなった今、晴れの日には打ち掛けを着るよりもウエディングドレスを選ぶ場合が多いというのもその理由かもしれません。
そもそもチャペルとは何でしょう。
直訳すればキリスト教の礼拝堂のことですが一般的にはそれを模した建物や会場を指します。
結婚式場やホテルが経営している事がほとんどです。
では、本来の教会での結婚式はどうでしょう。
教会は当然ながらキリスト教徒が礼拝を行う場所ですので、一般の人に結婚式としての使用は許可される事はまずありません。
ただ、その荘厳さは憧れを超えるものです。
中には相談に乗ってもらえるところもあるので、この機会に門を叩いてみるのもいいかもしれません。

結婚式の舞台となる教会とチャペルの用途の違いについて知っておこう

結婚式の舞台となる教会とチャペルの用途の違いについて知っておこう 結婚式のスタイルにはいろいろなスタイルがありますが、洋風の結婚式といえば男性はスーツやタキシード、女性はウェディングドレスなどに身を包み、教会すなわちチャーチで式を挙げるのが一般的です。
このスタイルは、チャペルウェディングとも呼ばれています。
ただ、チャーチとチャペルは、厳密に言えば違う用途を持っています。
まず前者は、信者が宗教行為をするための施設であり、聖職者が常駐し、日常的な祈りを捧げることもあれば結婚式やお葬式などの儀式も行います。
これに対して後者は、もともとは礼拝のためだけの施設です。
独立した建物である場合もあれば、学校や私邸、客船などの中に設置されていることもあります。
現在では世俗的な行事に使用されることもあり、わが国における結婚式場はこれに該当します。
一般に非キリスト教信者が結婚式を挙げる時は、チャペルを利用します。
式を執り行う牧師はその施設に常時いるわけではなく、必要な都度派遣されてきます。
しかし、教会であっても事前にガイダンスを受けるなどしてキリスト教に対するある程度の理解を身につければ、非信者の挙式を受け付けてくれるところがあります。

新着情報

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 雰囲気」
に関連するツイート
Twitter