チャペルではなく教会で結婚式をするメリット

チャペルではなく教会で結婚式をするメリット チャペルではなく教会で結婚式をするメリットは、正式なキリスト教の洗礼を受けて神からの祝福を受けて、結婚できるということです。
チャペルは可愛いですが、正式なミサなどを行う建物ではないので、宗教的な意味合いはあまり持たず、公民館のような役割をする場所です。
ですから宗教的な儀式なども行っていない分規制も少なく自由に使えるのがメリットですが、厳粛でもないので、式も厳かな感じがしないでしょう。
しかしながら、チャペルではなく教会で結婚式を行うなら1週間前からミサに参加するなどの行事参加も必要になることがあるので、仕事が忙しかったり結婚式にゆっくり準備をかけられない人にしてみれば敷居が高いように感じるかもしれません。
また、無宗教の人にしてみればいきなりキリスト教のことを学ぶようになるので、そうした宗教的なことを意識せずに手軽に結婚式を行いたい、という人であればチャペルのほうが利用しやすく感じるかもしれません。

チャペルや教会での結婚式のメリットとデメリットについて

チャペルや教会での結婚式のメリットとデメリットについて チャペルでの結婚式は我が国においても人気が高く、式を本物の教会やチャペルで挙げようと思う人も多いです。
実際に式を挙げる場合、いくつかのメリットがあります。
一般的な結婚式と披露宴を結婚式場やホテルで行う場合、挙式のみでは30万円前後であり披露宴を合わせるとおよそ300万円かかります。
挙式のみ行うのであれば、20万円から30万円で可能な場合が多く、披露宴を別の場所で行ってしかもある程度抑えた形態で行えれば、総額で費用の削減が実現できます。
式と披露宴の場所が別になることで、組み合わせやプランの幅が広がり、自分たちなりのこだわりの式が挙げられることも期待できます。
半面、一般的な式で行われる結婚式場やホテルのスタッフによる演出や進行の支援はないので、すべてを自分たちで行う必要があります。
また、教会がキリスト教の信者のみを受け入れる施設であるのかなども注意しなければなりません。
挙式が可能であっても、事前にキリスト教についての講習を受けることを求められるかもしれません。
このようなメリットとデメリットはあるものの一生に一度の式ですので、熟慮を重ねたうえでどのような形態で行うのかを考えるべきであります。

新着情報

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 メリット」
に関連するツイート
Twitter